握手

海外進出をサポート

インドネシアは、東南アジアのなかでも成長が目覚ましく注目されている国である。インドネシアへの進出を考える場合には、コンサルティング会社の活用が最適である。事業展開含めサポートしてもらえると、効率的に始めることができる。

作業員

事業に応じた可能性の提言

宅配コンサルタントを活用するとそれまで行ってきた事業に応じて宅配事業を展開するために必要なサポートを受けることができます。展開の可能性についての提言を受ける代わりに料金を支払うという仕組みで成り立っている事業です。

低予算でもこだわりの店

オフィス

節約か妥協か

開業には多額の資金が必要になるため躊躇する方も多いですが、割り切った節約で自分の店を持つことは十分に可能です。低資金で開業するためのポイントはどの資金を抑えて、どこにこだわるのかです。経費で大きな金額がかかるものの一つが店舗です。近年、カフェや焼き鳥の移動販売が増えていますが、この店舗を持たないスタイルこそが、低資金で開業し、収入を増やす手段となるのです。固定店で開業する場合は場所が重要になりますが、移動販売の場合は日によって場所を変えることができます。人気のホームセンターやコンサート会場付近、高速道路のサービスエリアなど、場所代を払っても人通りが多い場所であればお客様は自ずと増え、固定店より収入アップも可能なのです。せっかく自分の店を出すのだから内装にこだわりたいという方がほとんどだと思います。しかし、固定店を諦めた妥協と捉えるのではなく、新しい可能性へのチャレンジです。移動販売のデコレーションをイメージした通りに発注するのには資金はかかりますが、固定店の内装よりはずいぶん低資金であると言えます。また、移動販売にすることで人件費も省くことができます。店舗の次に費用がかかるのが人件費ですから、ここでも節約することができます。1000万円で固定店で開業しようと考えていた場合、移動販売にすることで開業資金を300万円程度に抑えることも可能です。移動販売で十分に固定店へ向けての資金を貯金し、当初の予定より多い1500万円で固定店をオープンすることができれば、より充実したプランを企画することも可能となるのです。さらに、移動販売で有名になれば、売り上げがよかった場所にお店を複数オープンしても、お客様は最初からたくさん来てくれるようになります。低資金で開業したからこそのメリットです。また、より低資金で開業したい場合はフランチャイズに加盟すると良いでしょう。フランチャイズに加盟することでコストを削減することができる他、経営状態も安定化させることが可能です。初めての場合、何をしたら良いのかわからない時もフランチャイズであればノウハウを身につけていくことができます。

珈琲

自分の店を持つ

現在、個人でカフェを開業する人が増えてきています。カフェは比較的少ない資金で開業することができますが、続けるためには知識やコツが必要です。土地選びは慎重にし、調理師免許を取得し、届け出もきちんと行います。